ハーブ★意味

★ ハーブの意味

ハーブとは?ハーブの意味 

TOP>★ハーブの意味



★ ハーブの意味 ★


ハーブと聞くと何故か

新しく西洋的なおしゃれな感じがしませんか?

ですが、驚くほど古い歴史があるようです。

そして、ハーブの意味は、かなり広い範囲をもつようです。

 

★ハーブの意味


  ハーブの意味は、かなり広い範囲をもちますが、簡単にわかりやすくいうと

  香りのある私たちの生活に役立つ植物のことです。
 

  ハーブとしてよく知られているのは、

  イタリアンパセリ・オレガノ・カモミール・シナモン・セージ・

  タイム・バジル・ミント・ラベンダーこんな感じでしょうか?

  何故かハーブというと、新しく西洋的なイメージを持つのは

  私だけでしょうか?

  ですが、違うんですね。
  

  日本にも身近なところに、ハーブがたくさんあります。

  料理用ハーブとして、シソ・ミツバ・ニラ・ニンニク・ショウガなど。

  薬用ハーブとして、ゲンノショウコ・ドクダミ・ジュウヤクなど。

  そのほか染料に使うベニバナもそうです。

  数え上げればきりがありませんね。


  ハーブは、薬用効果の他に、栽培して見て楽しみ、香りで癒され、

  おまけに虫よけ効果もあり、

  その他、料理、美容、染料、リースやドライフラワーにと

  幅広く利用できるものです。


  ハーブの歴史はとても古く、古代人は主に薬草として、または防腐効果を目的に

  ハーブを利用していたようです。

  紀元前3000年の古代バビロニアの粘土板に、熱病にハーブを使っていたことが

  残されています。

  また古代エジプト文明には、、エジプトの医師たちが非常にたくさんの薬草の特性を

  熟知していたことが文書に残されているそうです。

 

  長い歴史の中で、ハーブはいろいろな形で

  役立ってきたようですが、

  20世紀の後半から、欧米をはじめとして

  ハーブがとても注目されてきました。

  その理由としては、時代と共に生活環境が変化し

  ストレスが増えた。

  薬害、薬の副作用の問題のクローズアップ化。

  環境汚染、地球温暖化などの自然破壊の深刻化から、

  自然回帰の考えが広まってきたなどが考えられます。


  こんなに身近にあって、こんなに楽しめるハーブ。

  活用しないのはもったいないです。

  ハーブを活用して、ストレスのない健康生活を送りたいですね。(*^_^*)

TOPページ☆ハーブde健康生活☆
★ハーブの意味
★ハーブの効果
★ハーブティーの作り方
★こんな症状には、このハーブ!
★ハーブで料理を楽しむ!
★きれいになれそう!ハーブのお酒
★ハーブ石鹸と
 ハーブローションの作り方
★ハーブでお風呂を楽しむ
★ドライハーブとポプリの作り方
★その他のハーブの利用法
★ハーブを育てる
★ハッカの街 北見市
★実家のしその話
 
☆プロフィール
リンクについてのご案内
リンク集
 

Copyright (C)  ☆ハーブde健康生活☆ All Rights Reserved